2010年03月18日

組織改革、見直しに着手=防衛省(時事通信)

 防衛省は17日、自公政権下でまとめた組織改革案の見直しに向け、北沢俊美防衛相ら政務三役と有識者による懇談会の初会合を開いた。北沢氏は(1)自衛官の内局幹部への登用(2)内局と自衛隊の防衛力整備部門の一元化−を柱とした同改革案について「前政権のものを否定するのではなく、大きな教訓として、新たなものを作りたい」と述べた。
 有識者は、五百旗頭真・防衛大学校長や森本敏・拓殖大大学院教授らが出席した。会合では「内局と自衛隊は異質であり、一つに融合するのは無理」との意見や、シビリアンコントロール(文民統制)について「(自衛官の)政治関与についてルールを作る必要がある」との指摘が出された。 

【関連ニュース】
陸自連隊長発言、処分含め検討=北沢防衛相

「仕分け」候補の公益法人、常勤役員7割が天下り(読売新聞)
奈良公園 雌ジカの左腹にボーガンの矢 重傷(毎日新聞)
公務執行妨害で米兵逮捕=もう1人も酒気帯びで−沖縄県警(時事通信)
上海万博訪問を検討=唐前国務委員に伝える−鳩山首相(時事通信)
<朝まで生テレビ>田原氏発言「問題あり」BPO(毎日新聞)
posted by コイソ トクオ at 03:20| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月16日

平野官房長官インタビュー☆4(時事通信)

 −一方で、公明党との関係が近づいている。
 政策的に共有するものは公明党も乗ってくるということだからこれは健全な姿だ。
 【マニフェスト見直し】
 −衆院選挙で掲げたマニフェストを、参院選の前で「できませんでした」というのは非常に勇気が要ると思うが。
 それは要るが、参院は政権(選択)選挙じゃないので、もっと割り切ったらいいんじゃないか。
 −現実を見据えた選択をするということか。
 衆院選で訴えたことを打ち消して、マニフェストを作り替えるということではなくて、補強・修正すべきところがあるのかどうかを検証する。
 −行程表の見直しか。
 行程表は、野党時代(の作成)だから不十分なところもあるのは否めない。(一般会計と特別会計を合わせた)207兆円が、法律によって組み替えられないところが一つの引っ掛かりだ。これを解消することと、霞が関の壁を打ち破っていくのが一番大事なところだ。公務員制度改革を着実にやる。政治判断で自由にできない制度設計がひとつの大きな壁で、これをぶち破るのがこの一年の大きな仕事だ。
 【内閣改造】
 −閣僚から、内閣改造という発言がなぜ出てくるのか。
 知らない。改造するという判断は首相しか(でき)ないんだから。
 −首相も不快感を示しているのか。
 それは当然だろう。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<最終列車>「北陸」「能登」に撮り鉄多数 JR西は警戒(毎日新聞)
「三原則への思い、欺いた」=密約存在に遺憾表明−長崎市長(時事通信)
基調判断を上方修正=7カ月ぶり−2月消費動向調査(時事通信)
民主が議員政策研、「政調復活」沈静化狙う(読売新聞)
火遊び火災続発 ライター規制検討も…課題山積(産経新聞)
posted by コイソ トクオ at 19:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年03月15日

農相「今までの対応がシー・シェパードを増長」(読売新聞)

 「厳しい処分を受けてもらう。今までの対応がシー・シェパードを増長させてきた」。シー・シェパードのメンバー、ピーター・ベスーン容疑者(44)の逮捕について赤松農相は12日、記者会見で語った。

 「船に侵入されたら逮捕」との方針は、関係省庁では事前に合意されていた。2008年、調査捕鯨船に乗り込んだシー・シェパードの活動家2人の身柄を拘束しながら豪政府に引き渡し、世論の批判を浴びたためだ。

 今回、日本政府は強気の対応に出ている。シー・シェパードの出撃拠点となっている豪政府にも、現地での取り締まりを要請。豪連邦警察は今月6日、抗議船2隻の捜索を実施した。

 ただ、公海上で活動中の抗議船に対しては、船籍国にしか監督権限がない。日本政府が船籍国に取り締まりを要請しても「南極海まで出向いてもらうのは無理」(外務省幹部)だ。

 強盗などの海賊活動であれば、国連海洋法条約と海賊対処法に基づき摘発することも可能だが、外務省は「シー・シェパードのような妨害活動は『海賊』にはあたらない」との見解だ。

 取り締まりに様々な国際法上のハードルがあるだけに、農水省では「今回のように本人も犯罪行為を認めているケースこそ、日本の姿勢を示す好機」とみる。

 ただ、「日本で法廷闘争となるのは、注目を集めるのが目的の彼らの思うつぼ」(水産庁幹部)との不安もくすぶり続けており、関係省庁ではこれまでの彼らの主張や広報体制などを研究し、対抗する予定だ。

吉川英治文学賞に重松清さん(産経新聞)
<訃報>河合誓徳さん82歳=陶芸家、日本芸術院会員(毎日新聞)
<北野武さん>初の展覧会、パリで(毎日新聞)
多重死亡事故、25歳男逮捕=100キロ前後で無免許運転−大阪府警(時事通信)
文系トップJTB、理系は味の素=日航とトヨタ、順位下げる−就職人気(時事通信)
posted by コイソ トクオ at 19:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。