2010年04月21日

「教習所行ったが…」20年無免許運転の男逮捕(読売新聞)

 埼玉県警川越署は14日、同県日高市高萩、塗装工鈴木徹容疑者(40)を道交法違反(無免許運転)容疑で現行犯逮捕した。

 発表によると、鈴木容疑者は同日午前5時55分頃、同市森戸新田の国道407号で、無免許で乗用車を運転した疑い。同署が2008年11月に同県川越市新富町で起きた当て逃げ事故の容疑者とみて捜査していたところ、無免許運転の疑いが浮上し、逮捕現場近くで行動を確認していた。

 調べに対し、鈴木容疑者は県公安委員会の発行した運転免許証を一度も受けたことがなく、「18歳のときに教習所に通ったが、試験は受けたことがない。約20年無免許で運転している」と供述しているという。運転していた乗用車も、無車検、無保険の状態だった。

投票率1けた、総務省「聞いたことがない」(読売新聞)
福島・社民党首が石原都知事の発言の撤回求める(産経新聞)
核廃絶求め首相に署名提出=連合会長ら(時事通信)
脱税指南、八木被告「違反の認識なかった」(読売新聞)
菅家さんが選挙権回復=「市民として社会参加」−栃木(時事通信)
posted by コイソ トクオ at 01:09| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月17日

<高速道路>本四連絡道の上限料金設定を批判…仙谷担当相(毎日新聞)

 仙谷由人国家戦略担当相は10日、高速道路の新たな料金制度で、本州四国連絡高速道路の上限料金が他の高速よりも1000円割高になっていることについて「こんな極端な話はあり得てはならない。『四国処分』のようなことは許されない」と批判した。徳島市内のホテルで記者団に語った。

 仙谷氏は「今日初めて知ったような話で、いろんな観点から前原誠司国土交通相に注文を付けたい」と述べ、見直しを求める意向を示した。

 前原氏が9日発表した新制度では、平日・休日ともに原則として普通車は2000円、軽自動車は1000円が上限。ただ、本州と四国を結ぶ本四高速はフェリー業界の不振に配慮し、普通車3000円、軽自動車2000円となった。【深尾昭寛、青木純】

【関連ニュース】
高速割引財源:道路建設転用は1.3兆円 政府方針
高速道新料金:夜間・通勤3割引きに…激変緩和で年度内
高速料金:エコカー割引新設を検討 軽と同程度 国交省
個所付け:直轄国道の休止は1カ所 140路線で事業継続
高速道路:上限料金制度を正式発表 割引廃止で実質値上げ

チューリップ500本折られる=河川敷で、器物損壊で捜査−兵庫県警(時事通信)
「専用駐車区間」を導入=高齢者ら対象、全国362カ所−19日から・警察庁(時事通信)
「小沢幹事長らは説明責任果たしている」 民主・平田氏(産経新聞)
首相動静(4月9日)(時事通信)
参院選 タレントの岡部まり氏 出馬会見へ 大阪選挙区(毎日新聞)
posted by コイソ トクオ at 01:58| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年04月12日

JR不採用問題が決着=4党解決策受け入れ−政府と組合側(時事通信)

 1987年の国鉄分割・民営化に反対した国鉄労働組合(国労)の組合員らがJRに採用されず、最終的に解雇された問題で、政府は9日、与党3党と公明党から申し入れがあった解決策を受け入れる方針を確認した。原告団と国労などの関係団体も同日、解決策の受け入れを決めた。これにより同問題は事実上決着。政府は旧国鉄(現鉄道建設・運輸施設整備支援機構)を訴えた原告910人に1人平均2200万円、総額約200億円を支払うとともに、JRに雇用面で協力を求める。
 解雇者1047人を出した不採用問題は、国鉄改革の「負の遺産」と言われる。歴代の自民党政権下では解決できず、発生から23年以上を経て、政権交代後の鳩山内閣でようやく解決することになった。これに関連し、鳩山由紀夫首相は首相官邸内で「この問題は長きにわたってそれぞれが苦しんだ。決着する方向になって良かった」と語った。
 4党はこの日、各党の幹事長名で前原誠司国土交通相に解決策を申し入れた。これに対し、国交相は原告団や国労が訴訟を取り下げることを条件に了承した。
 政府と4党が確認した内容は、支援機構が(1)昨年3月に東京高裁判決が命じた賠償金1人当たり1189万円(利子を含む、総額108億円)と訴訟費用374万円(総額34億円)を支払う(2)国労や全国鉄動力車労働組合(全動労)の各原告団などに国鉄改革当時の就職支援金などを参考にして算定した加算金約58億円を一括で支払う―などが柱。
 一方、JRの雇用協力をめぐり、4党は不採用者が集中する北海道、九州を中心に200人を採用するよう求め、政府がJRに要請することになった。前原国交相は人数に関しては保証できないとしたが、「(JRに)最大限の努力をお願いしたい」と語った。 

【関連ニュース】
【特集】話題騒然 ファーストレディー
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
政界再編含み 政局は五月「最大のヤマ場」へ
鳩山政権「奇妙な安定」が「社民」「自民」を揺さぶる

医師会と市長の対立が泥沼化、学校医不在にー山梨・上野原(医療介護CBニュース)
鳩山首相「厳しい状況でお互いがんばろう」(産経新聞)
社民党がサイパン、テニアンに視察団 受け入れ意思の再確認で(産経新聞)
<公務員法案>審議入り 次官級ポストなど巡り「改革競争」(毎日新聞)
環境未来都市へ、4地域で次世代送電網の実証事業 経産省が選定(産経新聞)
posted by コイソ トクオ at 11:38| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。