2010年02月01日

<雑記帳>「横手やきそば」を正しい形で守る“道場” 秋田(毎日新聞)

 昨年秋にあった食の祭典B−1グランプリで最高賞に輝いた秋田県横手市のご当地グルメ「横手やきそば」を正しい形で守ろうと、地元店でつくる団体が同市で24、25の両日、第1回“道場”を開いた。

 「店のメニューに」と、全国から集まった飲食店経営者ら15人が参加し、横手流の特徴や市の歴史・文化を受講。試験の結果、全員が実技・筆記とも優秀な成績で“麺(めん)(免)許状”を手にした。

 まがいものや便乗商品が出回り苦情が寄せられる中、事務局の市は正統派の普及を目指し、「麺許皆伝」の鉄板名人を各地に送り出す考え。腕自慢の弟子たちから「出藍(しゅつらん)の誉れ」が現れるか。【佐藤正伸】

【関連ニュース】
初競り:大間産マグロに高値1628万円 東京・築地
雑記帳:ラベンダー色!?のオムカレー…北海道・富良野
COP15:首脳らの夕食会で「低炭素」意識した料理登場
掘り出しニュース:せんべい汁、そば……北にもコナモンあります! 博覧会始まる
スザンヌ:熊本県宣伝部長が東大入試に挑戦? 東大で期間限定「くまもとランチ」をアピール

<本埜村>合併で消滅、新村長の任期は43日…2月2日告示(毎日新聞)
橋下府知事、府市連携から再編 「決別」の狙いは? (産経新聞)
当選の稲嶺氏「まず市議会で反対決議」 普天間移設現行計画撤回へ(産経新聞)
経口投与困難ならラピアクタを―日本感染症学会が提言(医療介護CBニュース)
「基地なくても…」基地問題は経済問題(産経新聞)
posted by コイソ トクオ at 21:33| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。