2010年03月16日

平野官房長官インタビュー☆4(時事通信)

 −一方で、公明党との関係が近づいている。
 政策的に共有するものは公明党も乗ってくるということだからこれは健全な姿だ。
 【マニフェスト見直し】
 −衆院選挙で掲げたマニフェストを、参院選の前で「できませんでした」というのは非常に勇気が要ると思うが。
 それは要るが、参院は政権(選択)選挙じゃないので、もっと割り切ったらいいんじゃないか。
 −現実を見据えた選択をするということか。
 衆院選で訴えたことを打ち消して、マニフェストを作り替えるということではなくて、補強・修正すべきところがあるのかどうかを検証する。
 −行程表の見直しか。
 行程表は、野党時代(の作成)だから不十分なところもあるのは否めない。(一般会計と特別会計を合わせた)207兆円が、法律によって組み替えられないところが一つの引っ掛かりだ。これを解消することと、霞が関の壁を打ち破っていくのが一番大事なところだ。公務員制度改革を着実にやる。政治判断で自由にできない制度設計がひとつの大きな壁で、これをぶち破るのがこの一年の大きな仕事だ。
 【内閣改造】
 −閣僚から、内閣改造という発言がなぜ出てくるのか。
 知らない。改造するという判断は首相しか(でき)ないんだから。
 −首相も不快感を示しているのか。
 それは当然だろう。 

【関連ニュース】
【特集】「陸山会」土地購入事件〜「小沢氏、幹事長を辞任すべき」72.5%〜
「大政翼賛会」は続かない〜民主・渡部元衆院副議長インタビュー〜
なれ合い政治から脱却を〜自民党・園田幹事長代理インタビュー〜
自民の歴史的役割終わった〜自民・舛添要一前厚生労働相インタビュー〜
民主党が担う「産業構造転換」の時代錯誤

<最終列車>「北陸」「能登」に撮り鉄多数 JR西は警戒(毎日新聞)
「三原則への思い、欺いた」=密約存在に遺憾表明−長崎市長(時事通信)
基調判断を上方修正=7カ月ぶり−2月消費動向調査(時事通信)
民主が議員政策研、「政調復活」沈静化狙う(読売新聞)
火遊び火災続発 ライター規制検討も…課題山積(産経新聞)
posted by コイソ トクオ at 19:26| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。